読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【サッカー】あのアフリカのカリスマ、ハーツの八橋健一監督を絶賛!

『Ghanasoccernet』は「元ガーナ代表主将のスティーヴン・アッピアー氏は、ハーツ・オブ・オークと八橋健一監督を賞賛した」と報じた。 かつてロベルト・バッジョとも共にプレーし、ユヴェントスで活躍を見せた経験も持っているスティーヴン・アッピアー。 イタリア全盛期のセリエAでの活躍、そしてワールドカップで力を発揮し始めたガーナ代表で見せたキャプテンシーから、 選手としての能力以上に高い人気を集めるカリスマだ。 彼は15歳でハーツ・オブ・オークに入団してキャリアをスタートさせ、 17歳でイタリアのウディネーゼに引き抜かれたという経験を持っている。 かつての所属チームを愛している