読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【リオ五輪】開幕まで100日!日本選手団<高田裕司総監督>「金メダルは10~15個。10個を割り込むようなら責任を取る」

 リオ五輪の開幕まで100日となり、日本選手団高田裕司総監督(1976年モントリオール五輪レスリング男子金メダリスト)は覚悟を決めている。「金メダルは10~15個と見ている。仮に10個を割り込むようなら責任を取る」。 日本オリンピック委員会(JOC)選手強化本部でリオ五輪対策の中心を担ってきた総監督には手応えと不安が同居している。  JOCが掲げるリオ五輪の金メダル目標は14個。2012年ロンドン五輪の7個の倍だ。JOCは20年東京五輪の金メダル目標を国・地域別で3位と掲げている。ロンドン五輪で3位だった英国の金メダル29個を目安に「リオで倍、東京で更に倍」という算段だ。  日